紫陽花(ハイドランジア)・ラピスラズリ(2021年)

chiemi

chiemi

2106s1872ncom.jpg

花のタイプ

てまり咲き

科/属

ユキノシタ科ハイドランジア属

自然開花期

5月~10月

分類

耐寒性落葉低木

特徴

丈夫で強健な品種

花言葉

「辛抱強い愛情」

撮影場所

我が家


2021/06/01

今年は、葉が立派に茂った^^
そして一つ付いた花の大きいこと、大きいこと。
男性の手を思い切り広げた大きさ。立派です.......が
花芽が付かないのは、昨年の剪定で承知済み。

今年挑戦は、樹木医・塚本こなみさんの剪定方法

1回目
花が変色し始めたらすぐ、花を切り落とします。
2回目
秋の落葉期、1回目の※剪定後に伸びた若い枝葉や枯れ枝を切り詰め、
ひとつの花芽に栄養が行き届くようにします。
3回目
3月頃。葉が落ちて樹形が見えやすくなっているので、よい芽を確認して残したり、
ひびが入って木質化した枝を切ったりして仕上げます。

二回目の剪定が、「ヤサシイゲンゲイ」さんのサイトに画像付きで説明がありました
※剪定後に伸びた若い枝葉
これを切るってどういう風なのかなと検索してみましたら.......

20140617190308fb7.jpg


あともう一つ、
ヤマアジサイやガクアジサイは、枝も細く、基本的に自然な姿のままで咲かせた方が美しい
ということなので、自然に任せながら、あまり神経質にならず、美しく咲けるようにだけ考え
育ててみることにします。

そして、今年は植え替え.....
良い鉢を見つけたいな

2020年夏~2021年春の管理纏め

置き場所

東側の庭

肥料

適時に置き肥と液肥

花後の剪定

花から2節下の脇芽が出ている上でカット

植え替え

していません

管理

春先花芽のない枝を切った

困ったこと

細い木質化した枝の処理

調べたい事

もう少し詳しく剪定を調べたい




関連記事
Posted bychiemi

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply