ライティア・ゼイラニカ

R1031753aaa.jpg
  
  
キョウチクトウ科ライティア属

セイロンライティアという名前で、流通しています。
剪定しなくても、自分で枝分かれしていってくれるので、大変助かるお花です。
お花の事ではないのですが、「便利」ということは、効率が上がる・・・今迄は、そう思っていましたが、
最近は、若いだけの頃と違って、いやいや、「不便」って、もしかして、とっても大事なんじゃないかと。
「便利に非ず」ってことは、「便利ってだけじゃない」ってことでもあるのかなって。
中に詰まっている意味、それを大事に出来るか否かは、
ただ重宝であり、スムーズに運ぶ事を念頭に置いて行動しているだけじゃ、
「いつかの為の大事」と言うものに、気付かないことがたくさんあるのではと。
流れていくものだけでなく、そこに溜めていくものを、もっと大事にしたいな。

詳しい、この花の育て方などは、此方に綴り残してあります。
「花綴り」:ライティア・ゼイラニカ
関連記事

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント