ホオズキ(鬼灯・酸漿) 

DSC_0219smallexname.jpg

漢名

錦灯籠

科/属

ナス科ホオズキ属

自然開花期

6月~8月

分類

耐寒性多年草

特徴

サンズンホオズキ

花言葉

「心の平安」

撮影場所

我が家


あまり幅を利かせて欲しくなくて.......
芽を出すと切っちゃうんですが.......

それでも強いから、どんどん出てくる。
(抜かないから当たり前なんだけど、抜くのはちょっと勿体なく)

この季節、この子を見ると、学生時代良く通った
浅草寺の「ほおずき市」を思い出す。

7月10日に催される、この縁日は、
46,000日分の功徳があるとされることから、特に「四万六千日」と呼ばれる。

46,000日は、およそ126年に相当し、人の寿命の限界ともいえるため、
「一生分の功徳が得られる縁日」(浅草寺公式HPより参照)
なんだと聞き、ご利益欲しさに出掛けたもので.......

お参りしてこその「ご利益」なのに、立ち並ぶ「鬼灯」の色艶やかな様と
添えられている江戸風鈴の音色の美しさに、
すっかり満足して、帰っちゃったのも良き想い出........

梅雨が明ければ、いよいよ夏本番
 
関連記事

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。