ヒペリカム・シルバーナ

DSC_8585smallnameex.jpg

流通名/和名

西洋弟切草

科/属

オトギリソウ科オトギリソウ属

自然開花期

6月~8月

分類

耐寒性低木 半常緑

特徴

株分けで増える

花言葉

「迷信」

撮影場所

我が家


英名の「ST. John's wort」

花びらの端に黒い点のついた、明るい黄色の花を咲かせるものを言いますが
このお花、別名「ハッピーハーブ」とも呼ばれ、
ヨーロッパではポピュラーなハーブ.........

このお花には、ヒペリシンという物質が含まれていて


気分,情緒,恐れ,睡眠障害,頭痛,心臓のトラブル,
疲労などの精神身体の症状を改善させている実績を持っているそうです。

最も効果があった症状は、活動力の欠如,疲労,消耗感,睡眠障害.....とか

サプリメントで取るのが一番良いようですが、
ヒペリシンまたはハイパーフォリンの含有量を確認できるものが良いですね
関連記事

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント