トレニア・カタリーナ・ブルーリバー

DSC_1056aaa.jpg

アゼトウガラシ科ツルウリクサ属

アゼナ科....またはアゼトウガラシ科のお花です。
従来は.....ゴマノハグサ科に分類されていました。
  
夏には定番の、育て易いお花。

切り戻しが何度もできるので、形が崩れたり、間延びしたり、
葉が黄色っぽくなったり......したら、
思い切って刈り込みます。

ヒョロヒョロと伸びて仕舞うようなら、もう少し陽のあたる場所へ。
花付きが悪いかなって思ったら、少し風通しの良い、西日の当らない場所へ。

そんな風にして、育てています。

朝夕が涼しくなったので、朝出がけに一回、お水遣りしてますが、
それでも残暑の厳しい日には、家に戻ってから、その日の様子で、もう一回。

ハンギング仕立てになっていますが、余り、しな垂れないうちに
切り戻ししないと、お花の数が減ってしまいます。

余り育て方を深く知らなくても、失敗しない花です。
「私、失敗しないので...」って、何かのドラマで聞いたことある様な.....
庭の中でも目立つ色.....本当に優しい紫です。

家の中での冬越しには懲りたので、我が家では致しません。
「致しません...」
これも、同じドラマだったっけ......

冬に上手に過ごさせたら、来年も咲くようですし、挿し木も手軽です。
関連記事

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。