ドイツスズラン

R1029302aaa111.jpg


スズラン亜科スズラン属

スズラン属の日本在来種は、「C. m. var. keiskei」のみだそうで、
日本のスズランは、このドイツスズランよりも、少し小型で、
花が、葉より低い位置で、釣鐘状の白花が10個ほど下向きに咲きます。
葉も、ドイツスズランより長め(長楕円形)です。
昔、母が育てていたスズランは、その日本スズランでした。
でも、繁殖が半端ないので、母は何時も困っていた事を思い出します。

詳しい、この花の育て方など綴った防備録は、「花綴り」にて確認できます。

関連記事

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。