パンジー

R1036962aaa.jpg

スミレ科スミレ属

此処近年、パンジーは、ビオラに押され、我が家では春を彩ることがなかったのですが、
今年は、挑戦してみようかと・・・。

LRアリル シリーズ ブロッチ系

そもそも、パンジーとビオラの違いは、日本では「花の大きさ」だそうです。
5センチ以上をパンジー、それ以下をビオラとは。

このパンジーは、花径8cmほどなので、立派な^^大輪咲きのパンジーと言う事でしょうか。
さて、このお花たちは、色によって性質の違いがあるそうで、忘れないよう綴っておこうと思います。

赤系
茎が高く伸びて、倒れやすい性質があるので、寄せ植えにするときは、真ん中に植えて
回りの草花で支えるようにするとよいそうです。

オレンジ系
ほかの花に比べると花数が少なく、株が大きくなりにくい性質があるそうです。
複数の株を鉢に詰めて植えて、密植で楽しむのがよいそうです。

黄色&青系
寒くても大きく育つ性質があり、花壇に向くようです。

白系
花びらが薄いため、これから寒くなるとクルクル巻き上がってしまいます。
春まで花はガマンし、暖かくなるのを待てばシャンと咲くそうです。

10月~3月の間は、液体肥料を水やりの代わりに週1回ほどすると良いそうです。
苗を選ぶときは、葉色がこく、がっちりと根が張っているものを選び、
花芽のないものや、花が付きすぎているのは、株の体力が奪われてしまうので
避けた方が良さそうです。

Comment

ti1935 #-

ご無沙汰しました。
ビオラもパンジーもちょっと見では見分けがつかないのです。
どっちも色とりどりでいいですね。
花の少ないときに楽しませてくれます。
色によって育て方変わるのですね。
いい勉強になりました。

2013/12/05 (Thu) 09:19 | URL | 編集 | 返信
chiemi #-

とんちゃんさんへ

来て下さって、ありがとうございます。

わたしも実は、そんなに違いを分かっている訳ではなく、
大きいからパンジー、
小さいからビオラ・・・・・

何て勝手に区分けしてます。
ちょっと良い加減で申し訳ないのですが・・・・・^^

2013/12/06 (Fri) 09:52 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント