アシスタシア・イントルサ

R1033819.jpg
  
  
キツネノマゴ科アシスタシア属

アシスタシアの他の品種のお花に比べると、花弁が丸くなく、キリっとしています。
葉や茎は、食べられるとかで、自生地では、なんと野菜なのだそうです。
花の裏側は、有毛で白っぽくて、でも、表の紫が、少し透けていて、とっても素敵な雰囲気です。

こんな感じ・・・・。

R1033910aaa.jpg

暑い国が原産のお花なこともあって、乾燥に強いため、今年の様な高温の夏でも全然平気。
少しばかり雨が降らなくても、水枯れの心配さえありません。
ただ、難点は、大きくなる・・・でもって、茎は、好き勝手な方向へ、まとまりなく伸びてしまう。
お花は、初夏から、10月頃まで咲いてくれます。冬は室内へ・・・・。

関連記事

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。